saturday night

   サムの妄想?大航海Online日誌
なんとなくまたヨーロッパ
今日もカルカッタの生糸は悪相場。
当分良くなりそうに無いんで、ヨーロッパへ帰ることに。

・・・何しに来たんやろ???w

「まあ、いいやん!!」

自分に言い聞かせてみた。

少し涙が出た。
| サム | 航海日誌 | comments(2) | trackbacks(0) |
なんとなくまたインド
今日は再びヨーロッパからインドへ。
なんのためにヨーロッパ帰ってきたんかわからんかったけど、
ヒマなんでとりあえずまたインドでも行ってみることに。

セビリアからカテゴリ3クエスト受けていつものコースへ。
セビリア→サントドミンゴ→リオデジャネイロ→ケープ
で合計カテゴリ3が27枚!!
ケープからは定期船に乗ってカリカットへ。

リオデジャネイロ
リオデジャネイロでは謎の集団が!
あっけに取られぼーぜんとするオレ。
食われるんかな・・・・・゚・(ノД`;)・゚・


カリカットからはPKがいる海域を強行突破してカルカッタへと。
最近この辺り、必ず色つきPKいるよなぁ・・・数多いし(ρ_;)

カルカッタに着くと相場チェック!
あぁ・・・めっちゃ悪相場・・・
やることないんで、その辺にいた人捕まえて無理やり弟子入りさせてみたり・・・
んで自分は交易所オヤジの前でボーッとボーッとボーッと・・・

カルカッタ交易所前
こんな感じでオヤジに睨まれながらボーっと3時間ぐらいw
いいかげんボーッとするのも疲れたんで(なんもしてないのに疲れるのかっ?!)、
通りすがりの人達捕まえてわいわい雑談w
たまにはダバダバと雑談するのもいいよな^^

あぁ・・・今日は一体・・・
| サム | 航海日誌 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヴェネツィアイベント第8章
ヨーロッパに帰ってきて久々にヴェネツィアに帰ると、
ん?なんか人が増えてるような・・・・
B鯖開放した影響かな。

せっかくヴェネツィア帰ってきたんで、ヴェネイベント進めることに。
チュニス行けと言われたんで、チュニス行くと・・・
マルセイユorセビリアで対応した冒険クエ受けてこないと進まないようだ。
それではってことでマルセイユ行ってクエ出すと・・・
( ̄Д ̄;) ガーン・・・これ、冒険スキル無いとクリアできない?!
考古学と視認がいるようだ・・・ど、どうしよう・・・・

仕方がないので泣く泣くスキル切って考古学と視認を覚えることに。
泣く泣くと言いつつ全然泣いてないけどw
一時的に言語切って考古学と視認覚えて、クエに挑戦!
でも、必要スキルがR1でよかったよ、R3とか要求されたら泣けるw

んで、チュニス郊外に行くとジュリアンが待ってて無事イベントクリア!
クエストは別に達成できなくてもイベントは進むのなw
せっかくだからクエストも達成しようとするが・・・
( ̄Д ̄;) ガーン・・・視認ポイントがわからねぇぇぇー!!
だれか!観察ある人SOS!SOS!!
このまま放棄するのは癪だから、ムキになって片っ端から視認w
探すこと20分、なんとか見つけてクリア!イェーイ!

はうぁ・・・疲れた・・・
| サム | 航海日誌 | comments(0) | trackbacks(0) |
縫製マイスター
ふぅ・・・今日もカルカッタでチクチクとベルベット織り。
今日はなかなか相場も良くて、フレンドの縫製師匠に取引支援もしてもらったんでカテ3を連打!

約3時間ほどみっちり織りまくってカテ3を約80枚ほど消費。
利益は・・・ふははははっ、ヒミツw
もんのすんごい稼いだぜぃ!
でも飽きる・・・。
なんてゆうか・・・飽きる。

そして縫製もついにカンスト!!
縫製マイスターになったぜぃ!
カンストしたはいいけど・・・今度は次の目標がまだ無いなぁ・・。
何やるかな・・・

その後はベルベも飽きたんで一度ヨーロッパへの帰途へ。
途中タマタブに寄って「メインフルリグドセイル」を作ってみた。
材料が木材と麻生地で、タマタブには両方そろってるんで作ってみました。

ん〜・・・・ブメがしんどい・・・
大成功品を組み合わせて作るため、その大成功品ができるまで材料集めのブメ。
ブメ5回ぐらいで出来たけど、運が悪かったらけっこうしんどいかな。
まあ、一番いい帆やし、しんどくて当然か^^

そんなこんなで無事ヨーロッパ帰還しました。
| サム | 航海日誌 | comments(0) | trackbacks(0) |
ベルベッターへの道 〜その2〜
それでは前回の縫製スキル上げの続きをば・・・

☆☆☆R7〜
ここでも基本は羊毛をニットに加工。
羊毛からフランネルでもOKです。
ブメの回数、クリック回数とも多くなると思いますが、我慢です。

☆☆☆R8〜
ここでようやく愛の冷めたニットとはお別れです。
まだ愛してる人はニットを付き合ってもいいです。
しかし、ここでは羊毛→ツィードがよいかと思われます。
綿花+羊毛でモスリンを織ってもいいと思います。
「織物秘伝・文様染の書」(マスリパタム、ヘルデル投資約80万法砲鮟蟷していれば、ラグーザ(ウォード)〜アレクサンドリア・カイロ(綿花→綿生地)間でオランダ更紗もいいと思います。
この辺りから「染料取引」があると幅が広がります。

☆☆☆R9〜
ここはR8とほぼ同じです。
インドに行ける場合はポンディシェリで、綿花+インド藍→インド更紗(織物秘伝・文様染の書)が材料を現地一箇所で調達できるので楽です。

☆☆☆R10〜
R8,9とほぼ同じですが、インドにいる場合はトルコ絨毯がおいしいです。
R9のインド更紗と同時に織っていくと良いと思います。
ポンディシェリ〜マスリパタム(orカルカッタ)間で、ヒツジ→羊毛、生糸→絹生地を作り、羊毛+絹生地+生糸→トルコ絨毯です。
トルコ絨毯は利益&経験値が大きいので、手間はかかりますがおすすめです。
ディブ〜ホルムズ間でもできますが、やや港間の距離があるので、多少時間がかかるかも知れません。
あと、オスロで亜麻→レースもいいですね。
オスロは繊維取引も鍛えれるので、後々のことを考えるといいかもしれません。

☆☆☆R11〜
ここからスキル上げで苦労してきたことが報われる時です。
仕立て道具を、手持ち&銀行MAX(計1399個)まで買い込み、
生糸産出地(ディブ、マスリパタム、カルカッタ、ヤーデイン)へ向かいサテン(織物秘伝・高級生地の書)を織りまくります。
相場状況によってはかなりな利益が出るはずです。
今まで愛してきた生地達のことが走馬灯のように駆けていくはずです。

☆☆☆R12〜
サテンを卒業し、ジョーゼットにかかります。
これもサテンと同じくかなりな利益が出て、縫製やっててよかった・・・と思える時間です。

☆☆☆R13〜
ついに・・・ついに夢にまで見たベルベッターです。
利益・経験・名声の大きさに感動し、手が震えます。

☆☆☆R14&15〜
言わずと知れたベルベットです。
ひたすら織り、ひたすら稼ぐ・・・
スキルのRを上げることなどほとんどの人が忘れているはずです。


縫製は途中のニットを織るあたりが少ししんどいですが、そこを過ぎればパラダイス!
あとで頑張った甲斐があったなぁ・・・と必ず思います^^

以上、サムンのベルベッターへの道講座でした。
足りないところなど多々あると思いますが、あくまでサムン流なんでお許しを(ρ_;)。
| サム | 航海日誌 | comments(0) | - |
ベルベッターへの道 〜その1〜
書くことが無いので、今回はサムン流の縫製スキル上げについて。

まず、縫製スキルを上げるのに必要な取引系スキルは、

「繊維取引」「家畜取引」「織物取引」「染料取引」

ですが、「織物取引」「染料取引」は実は服を作ったりする時以外、
ほとんど必要としません。あれば便利ではありますが。
スキル枠が余裕ある人は「織物取引」を取るとGoodです。

意外と必要になるのが「家畜取引」です。
「家畜取引」は交易R7、食料品取引R3でマルセイユの偉い人から習得できます。(誰か忘れたw)
その他のスキルは紡績商になれば優遇されるのでギルドで習得できます。

それから、ブーストアイテム「竹ぼうき」があると縫製Rが+1され幸せになれます。
ショップやバザーで200万法腺械娃伊砲杷笋蕕譴討い襪里如
よほど余裕がない場合以外は購入しておくと良いと思います。

ではとりあえず「縫製」「繊維取引」「家畜取引」の各スキルが揃ったら縫製開始です。

☆☆☆縫製R1〜
レシピ「織物秘伝・素材の書」(各国本拠地で販売)で、
ニワトリ、アヒル、ヤギ、ヒツジ等の毛を毟りまくります。
動物達が嫌がっても遠慮せず毟ってください。また生えてきますから心配は無用です。
特にニワトリ、アヒルの羽毛は利益も大きく経験値も稼げます。

☆☆☆縫製R2〜
基本はR1と同じ事をやればすぐにクリアできますが、
「織物取引」を取った人は「船大工入門・縫製の書」で
麻生地を購入し、ハンモックや予備帆を作っても良いと思います。
くれぐれも穴のあいた予備帆にならないよう丁寧に縫ってください。

☆☆☆縫製R3〜
ここでは、「織物秘伝・生地の書」(色んなとこで販売)を使います。
R1で加工できたモノをさらに加工していきます。
ヒツジ → 羊毛 → 毛織生地
ヤギ → 山羊毛 → 毛織生地
といったふうに加工すればスキル経験と共にお小遣いも稼げて良いです。
動物がかわいそうだという人は、アレクサンドリア〜カイロ間で綿花で耳栓を作ってもいいと思います。

☆☆☆縫製R4〜
ひたすら羊毛をニットに加工します(織物秘伝・生地の書)。
ただひたすらニットだけを愛してください。

☆☆☆縫製R5〜
ひたむきに羊毛をニットに加工してください。
ひたむきな愛はきっとニットの気持ちを揺り動かすことでしょう。
ここでは綿生地やコーデュロイも作れますが、材料を集める手間や、
クリック数の関係でニットのほうが早いです。

☆☆☆縫製R6〜
まっすぐに羊毛だけを見つめニットに加工してください。
あなたのニットに対する愛が通じ始める頃です。
ニットに対する愛が冷めた人はコーデュロイとかに浮気してもいいです。


この辺りからが縫製の一番しんどい時期かも知れません。
なんとか頑張って乗り切ってください。
以上のところまでの有効な交易ルートを・・・

ロンドン(羊毛)    〜 ヘルデル(ニワトリ・ヒツジ)
バレンシア(羊毛)   〜 パルマ(特に無し)
アンコナ(ニワトリ)  〜 ザダール(ニワトリ・ヤギ)
アレクサンドリア(綿花)〜 カイロ(綿花)

上記が主な交易ルートになりますが、他にもあるかも知れないので
自分に合ったルートを色々探してみるのもいいかもです。
あくまでもサムン流の上げ方なので、真似するとエロくなるかも知れません。

ではまた続きは次回に。
| サム | 航海日誌 | comments(0) | - |
最近の動向
ここのところヴェネツィアは勅命も終わり、ものすごい勢いで同盟港の奪還が始まっている。
地中海で奪われていたジェノバの奪還に始まり、ナポリ、シラクサ、カルヴィ、カンディア、サロニカ、ベイルート、ファマガスタと恐ろしい勢いで同盟港を取り戻した。
東南アジアにおいても、スラバヤ、パタニ、ペグーと投資合戦が続いている。
今まで投資を控えて勅命にひたすら励んでいたストレスが一気に爆発したようだ。

そんな中でオレは・・・まだまだ投資できるほどの資金もなく・・・(ρ_;)
最近はカリブと欧州の往復でのんびりカテゴリー集め。
みんなアジア方面に行ってカリブとかは人があんまりいない。
PKもカリブはあんまり見かけないんで気楽に船旅してる毎日。

PKといえば、ここ最近異常に数が多い気がする。
一時はポルトガルの一部の人たちぐらいだったが、今はポルトガル、フランス、ネーデルランド、イングランドとかなりの数がいるようだ。
遭遇率がかなり高くなってるので、持ち物は特に気をつけて航海しよう。
特にヴェネツィア人は一番狙われてるようなんで細心の注意が必要だ・・・

| サム | 航海日誌 | comments(2) | trackbacks(0) |
Boreasまもなく開放
いよいよ次期アップデートでBoreas鯖が2次オープンとなり、
先行鯖の人たちにも開放されるらしい。
最近、全体的に人口が減りつつあったBoreas鯖・・・
はたして開放されてどうなるのやら。
バザーとかが増えて活気が出てくれるといいけどね。

今日、ヴェネツィアの勢力をなんとなく見てみたけど、いつの間にやらB鯖の最下位?w
そういえば同盟港もアンコナ、アテネ、ホルムズ、カルカッタぐらいしか無い。
がんばれヴェネツィア!
オレもお金貯めて少しは投資しよう・・・。

ああ・・・眠たい・・・
| サム | 航海日誌 | comments(0) | trackbacks(0) |
フランスも勅命達成!
フランスもついに南米の勅命達成!
おめでとう!!
ここしばらくの間、商会長達が黙々と勅命こなしてる姿を見ると涙が出そうでした・゚・(ノД`;)・゚・
ほんとにお疲れ様&おめでとう!

これで6ヶ国全てが南米の勅命達成。
やっぱり人口が少ない国はキツイよなぁ・・・
ほぼ人口の多い順の達成になったんではないだろうか。
しかし、ここのところヴェネツィアはやや人が減ってるような気はするが・・・
逆にイングランドの人口はBoreas鯖では少し抜け出たようだ。

なにはともあれ、次は東南アジアの勅命、大変やけど頑張ってください!
ポルトガルとネーデルランドがかなりのペースで東南アジア勅命を進めてるようなので、
なんとかフランスもがんばっ!!

| サム | 航海日誌 | comments(0) | trackbacks(0) |
今日も縫製
今日もインド・カルカッタにて縫製修行を続けている。
生糸を購入し、培った縫製の技術を生かし生糸からベルベットを作る。
しかしながら、交易所のオヤジはオレがヴェネツィア人と知ってか、
足下を見て安くは生糸を卸してはくれない。
あいかわらず標準相場の150%を超える高値だ。
何度か交渉を試みるもののたいして安くはならなかった。
およそ2000望し超えたところでの取引となった。

それでも、ここインド地方ではベルベットの需要は高く、それなりの儲けは出せた。
購入した生糸を加工し、ベルベットを編むと一枚あたりおよそ2000〜3000砲曚匹陵益となった。
こんなカルカッタなどという辺境の地で一体誰がベルベットなど欲しがるのだろう・・・?
そんな疑問は本来持つべきではないのだろうし、こっちは高値で売れればそれでいい。
不要な深入りは寿命を縮めかねず、いらぬ詮索は不要というものだ。

そして、今日はひとつの吉報が届いた。
イスパニアが南米への勅命を達成したようだ。
絶えず我がヴェネツィアとは敵対関係に近い状態にあるイスパニアではあるが、
ここは素直に賛辞の言葉を送りたい。

今日は少し疲れた・・・もう眠ろう。
| サム | 航海日誌 | comments(0) | trackbacks(0) |
東南アジア勅命達成!
なんだか知らない間にヴェネが東南アジア勅命達成。。。
ここのとこ、のんびりしてたもんでそんなに進んでいたとはビックリ。
とにもかくにも勅命頑張られた方々、お疲れ様でした。
そして今回もオレはほぼ役立たず・゚・(ノД`;)・゚・
ヴェネの皆さん、お許しを・・・・(*_ _)人ゴメンナサイ

ここ2,3日はカルカッタでボケーッと縫製修行。
相変わらず材料の生糸の相場は150%以上をキープし続ける毎日。
話によるとお昼は相場下がってるとか(ρ_;)
この社会人泣かせの相場どうにかしてくれw

さて、明日の風は何処へゆくかな・・・
| サム | 航海日誌 | comments(0) | trackbacks(0) |


CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2007 >>

PROFILE SELECTED ENTRIES COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES LINKS OTHERS